財務諸表から始める!病院やクリニックの経営改善につながる具体的な取り組みとは?

 

(最終更新日:2020年4月15日)

病院やクリニックの「財務諸表」を見ていると、いろいろなことが見えてきます。

特に、現場で何か起きていると、財務諸表が「おかしいことが起きてるよ!」と警報を鳴らしてくれます。

財務諸表は医療機関の信頼できる警備員です。

そこで、今回は財務諸表が警報を鳴らした時に、どういった改善策があるのか、具体的なケーススタディで解説していきたいと思います!

※この記事は次の人にオススメです!

財務諸表を経営改善に活かしたい人

財務諸表から出た「異常値」に敏感になりたい人

薬品費や診療材料費が高騰したら

具体的に、薬品や診療材料費が収入の伸び以上に増えているケースです。

(1)在庫の管理はきちんとできているか?ミスによる無駄な廃棄は出ていないか

(2)購入量が増えているのであれば、価格交渉のチャンス

(3)単価の高いものについては、他社への切り替えも検討

ポイントは、「高騰要因を認識できている」ことです。

診療の必要に応じて、単価の高いものを購入する・数を増やして購入する・・・どちらもOKです。

認識できていれば、改善は容易です。

発注担当が変わるだけで、悪化したり改善したりします。

財務諸表ベースで良いですので、しっかり毎月確認しましょう。

人件費が高騰したら

人件費の高騰も、財務諸表では分かりやすく出てきます。

(1)人材の採用は計画的に行っているか

(2)人件費に見合うだけの利益目標が達成できているか(部門ごと)

(3)人材紹介会社はその費用に見合っているか

「人数」の問題なのでしょうか、それとも、「単価(=一人当たりの給与)」の問題なのでしょうか。

現場のリクエストを優先すると、ついつい、人数が増えてしまいがちになりますので注意しましょう。

固定費が高騰したら

固定費は種類が多いので、その費目ごとに対策がありますが、とりあえず、下記3つをご確認ください。

(1)委託費の契約内容の見直し

(2)広告宣伝費の費用対効果の測定

(3)保守契約の内容の精査

この3つは比較的見直し効果が高いものになります。

さりげなく、消費税が10%になったことも影響しています。

「金額そのものが増えていないか」ということのみならず、「その費用に見合うサービス等か」という両方の視点で考えてみましょう。

他にも、各費用ごとに内容を精査し、検討していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、財務諸表からの警報ということで、「薬品・診療材料」・「人件費」・「固定費」と3つの区分ごとに分け、各々3つずつ、具体的な改善策を解説しました。

もちろん、改善策はこれら以外にもたくさんあります。

自院で取り組みやすいものからでOKです。

大切なことは、コツコツ継続して取り組むということ。

成果は必ず財務諸表に表れます。

そして、それが次へのモチベーションにもつながります。

経営改善において頼れるパートナーと共に、頑張っていきましょう!

無料でご相談を受け付けております

    必要項目を入力し、
    相談内容を送信して下さい。

    いただいたご相談に対するお返事は、
    1営業日以内にご連絡いたします。

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須

    ※電話相談をご希望の方、メールが届かず戻ってきた場合のみ、お電話いたします
    ご相談内容 (任意)

    ※電話相談をご希望の方は、『電話相談希望』とご記入ください。

    個人情報保護方針をご確認ください。
    ご同意いただければ、下の「同意する」にチェックを入れてお進みください

    必須 同意する

    (無料相談の2〜3割の方はご相談のみです)