電子帳簿保存法へのクリニックの対応〜保存上の措置編〜Q153

 

こんにちは。

「医療経営 中村税理士事務所」の中村祐介です。

前回は2022年1月に迫った「電子帳簿保存法」の改正に対するクリニックに具体的な対応について、解説していきました。

今回はその具体的な保存方法についてです。

これを読めば、2022年1月からの改正にも余裕で対応することができます。

※この記事は次の人にオススメです。

電子帳簿保存法の改正について、何をすべきか分かっていないクリニックの院長先生

電子取引の保存方法にはルールがある

前回、電子取引情報について、電子データとして保存する必要がある旨、解説しました。

今回は、その電子データとして保存する際の具体的なルールについて、解説していきます。

保存要件として、4つのルールが定めれられています。

(1)関係書類の備え付け

(2)見読性の確保

(3)検索機能の確保

(4)保存上の措置

このうち、(1)と(2)は気にする必要はありません。

ここで引っかかることは少ないと思います。

対応が必要となる問題は(3)と(4)です。

この(3)と(4)について、2022年1月には対応できるようにしておきましょう。

保存上の措置とは

まずは簡単な「(4)保存上の措置」からいきます。

保存していくうえでの取り扱いについて、次の4択から選びます。

タイムスタンプが付与された書類の受領

タイムスタンプの付与

訂正削除の記録が残る(できない)システムの利用

訂正削除の防止に関する事務処理規定の備え付け

それでは、どれが1番クリニックに馴染むのでしょうか。

①〜③はタイムスタンプ等、システム利用が前提となります。

「タイムスタンプって何?」

という先生も多いと思います。

システム利用料を支払い、システム化しても良いかもしれませんが、「システム化」と言いながらも、少し手のかかる方法です。

実務上は、④がマンパワーの少ないクリニックには1番馴染むと思います。

訂正削除防止に関する事務処理規定とは

それでは、「訂正削除防止に関する事務処理規定」を備え付けるとは、どういうことでしょうか。

「規定を作るなんて面倒くさい・・・。」

そうした先生も多いと思いますが、国税庁に規定のサンプルが例示されています。

こちらを拝借して、自院の実情に合うよう微調整し、院内に備えつけておけば問題ありません。

調整箇所も少ないので、これが1番楽なはずです。

これで問題となる(4)保存上の措置もクリアです。

医療経営 中村税理士事務所では

弊所では、お客様へ各医院の実情に合った「電子帳簿保存法の改正」に対応する方法をご提案させて頂いております。

次回は最後のハードルである「(3)検索機能の確保」について、解説していきます。

ここを越えれば、何も心配ありません!

 

※前提はこちらの記事で解説していますので、併せてご確認ください。

・Q152「電子帳簿保存法の改正に、クリニックがやるべきこと

無料でご相談を受け付けております

    必要項目を入力し、
    相談内容を送信して下さい。

    いただいたご相談に対するお返事は、
    1営業日以内にご連絡いたします。

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須

    ※電話相談をご希望の方、メールが届かず戻ってきた場合のみ、お電話いたします
    ご相談内容 (任意)

    ※電話相談をご希望の方は、『電話相談希望』とご記入ください。

    個人情報保護方針をご確認ください。
    ご同意いただければ、下の「同意する」にチェックを入れてお進みください

    必須 同意する

    (無料相談の2〜3割の方はご相談のみです)